おもちゃのサブスクを考えているけれども、デメリットもあると思っている人もいるかもしれません。確かにそのとおりで、おもちゃのサブスクには事前に考慮しておかないといけない事柄もあります。その最大のものは、お金は払うけれどもそれはいわばレンタル料であって、購入するわけではなく結局は自分たちのものになるわけではないということです。所有することを重視する人はこの点はしっかりと考えておく必要があります。

借りるだけのサービスに対して自分たちがどれくらいのお金を出せるのかと言い替えても構いません。おもちゃのサブスクでは数種類の製品が数か月程度の間隔で取り換えつつ届けられることが多いです。返却期限が来た後、子供がまだそれで遊び続けたいとねだったような場合、それらの全てを常に買い与えていてはコスト面だけを考えても初めからこのようなサービスなど利用せず、単に購入したほうが安かったということになってしまいます。レンタル品ですから、破損とか紛失、あるいは衛生面が気になる人もいるかもしれません。

衛生面については貸出前に徹底した消毒が行われていることが常識的であり、この意味ではむしろ購入した製品をいつまでもそのまま家庭内で遊び続けているほうが、衛生的ではないということもできます。破損や紛失には当然気をつける必要がありますが、そもそも子供が遊びに使うことが前提になっていますので、多少のことは利用料金に含まれている場合も多いです。